「わかった・知ってる」と「出来る」の違いは大きい

わかると出来るは大きく違っている

今さら、なんだけど

最近、私の頭のなかをぐるぐる回っている言葉

何でもそうだと思うのだが、

「わかる」と「出来る」は大きく違う

わかった後、知った後に、

回数を重ね、時間をかけて「出来る」ようになる

物事によっては、数年、十何年、何十年もかかることもあるのだろうし

簡単なことでも、わかった瞬間出来るって案外少ないのかも?

自分ではやっているつもりなのに、

全然、そうなっていないこと沢山あるよなぁ。。。

で、出来るようになるまで、

何回も、何回もやって、

はじめて自分のものになる

いわゆる、体で覚えるってことですかね~

この夏から、

私は新しいことにチャレンジいていて、

あとどれくらいで、自分のものになるのかが、

今とっても楽しみなのです。

ちょっとハードル高い内容なので、年単位となりそうですが、、、

食生活の管理こそ、わかるではなく出来るなのです!

500kcal プレート!!

そして、

我が娘の最近の様子を見て、

「わかっている・知っている」

から

「出来る」になったな~

と感じたことが、、、

体形・体重維持の為

かなりストイックに食事制限を続けてきたのですが

今までは

「これを食べたら太る」

「これはカロリー高い」

と、知っていたし、情報も持っていた彼女

でも、わかっちゃいるけど、、、な状態で

常に「食べたい、食べたい」だったのが

「食べたいけど、この量とこの内容が自分の体にとってベター」

ということが、頭ではなく

感覚的に体に入った感じです

時々、私が多めに盛り付けてしまったお皿を見て

「これ1切れ多い、これは半分だけでいい」

と、お皿が除けてます(笑)

カボチャ1切れを除け、ローストビーフ1枚をはじくのですよ(笑)

ここまでくるのには、

やっぱり時間も必要だったし

何度も失敗したり、自己嫌悪に陥ったり、、、

それでも、諦めずに続けてきたら

やっぱり、自分のもに出来た

あとは、その感覚をキープしていくだけ

ダイエットは食べて良い量を、見た目のボリュームと体の感覚で覚えるべし!

写真は大体の目安にしている500kcal の高たんぱく低糖質低脂肪プレート

ビジュアルでボリューム管理をすると

ダイエットは負担なく続けられることがよくわかりました

私も「わかる」から「できる」に進化し

娘と一緒にダイエット成功、体脂肪率減りました!ヤッタ!

500kcal プレート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です