調味料使いのひと工夫で、いつもの料理がぐんと美味しく!!

今日は natural food cooking のレッスン日

定番家庭料理クラスのレッスンでした。

ど定番の、豚の生姜焼きには、玉ねぎやカイワレ大根をたっぷり入れて

仕上げるので、栄養のバランスも良い1品になります。

肉料理でも、やっぱり野菜たっぷりなのが私の好きな味です。

2段階で味付けして、

薄味だけど、しっかり味が染みて

お肉も柔らかく焼きあがるので、

毎回このレッスンで生徒さんからの感想は

「優しい味わいのヘルシーな豚の生姜焼き、お肉が柔らかくでびっくり!!」

火を通しすぎないこと、

味付けにすりおろしたりんごを使うのも大切なコツです。

そして、

付け合わせには、

人参のくるみ和えとミモザサラダ

ミモザサラダはシンプルなポテトサラダに裏ごしした

茹で卵の黄身を散らします

ちょっとしたことで、完成度が上がりますよね~

このワザは覚えておくと良いですよ。

くるみ和えの衣には

ローストしたくるみをたっぷりと使います

きび砂糖と醤油が味付けのベースですが、

ひとつまみの「塩」がとっても大切です。

味がきりっとしまり、まとまるのです。

日本の調味料の組み合わせの妙ってすごいな、

って、いつも思います。

甘辛い、甘酸っぱい、甘しょっぱい、、、

調味料を複数組み合わせることで、

味付けに奥行きができるんですよね

何となく、味が決まらない時は

塩をひとつまみ。

味はしっかりついているけど、旨みが足りないな、

と思う時は、醤油や味噌をほんのちょっぴり足すだけで

旨みが増して、味に奥行きが出てきます。

メイン使いの調味料の為に、影の立役者的にほんのちょっぴり

調味料使いが上手になると、

作る料理がワンランクアップすること間違いなし!!です

甘じょっぱいくるみ和えの和え衣

これがあれば、

蒸し野菜、豆腐、お餅、焼きおにぎり、、、、

なんにでも合うので、大助かり

多めに作ってストックしてます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です