秋のお菓子 モンブランとアップルシュトゥルーデル

会場には良い香りが漂っていました~

今日は大切なインプットDAY

新百合ヶ丘にある、有名店 リリエンベルグの横溝シェフによる

モンブランとウィーンの伝統菓子アップルシュトゥルーデルのデモレッスンでした

どちらも秋らしいお菓子で、大好きなケーキなのですが

なるほど!の細かなワザや惜しみない手間と丁寧な作業工程を見せてもらい

説明してもらってのデモレッスンはとても勉強になりました

アップルシュトゥルーデルの生地

この生地の薄さわかりますかね~~~

透けるくらいにうす~~~く伸ばすのですが

これ、以前1回だけ作ったのですが、いやぁなかなか伸びず

むちゃくちゃ難しいのです

目の前で、みるみる生地は広がり薄くなっていく様は

見ていてとても気持ち良かったですよ

フィリングを乗せたら、2人がかりで丁寧に巻いていきます

仕上げに溶かしバターを塗ってオーブンで焼いて出来上がり!

生地は、薄力粉と強力粉、塩、水、植物油のみ

なので、とっても軽い生地で

中のリンゴの味を引き立てます

アップルパイもタルトタタンも好きですが

このあっさり軽い生地が層になったシュトゥルーデルも

大好き!!焼き立てはまた格別でした

リリエンベルグさんの看板メニューでもある和栗のモンブラン

毎日400個ほど、週末だともっとたくさんのモンブランを

作っては出し、作っては出し

と、とにかく作り置きはせず作り立てを並べるそうです

今日も出来立てほやほやのモンブランを頂きましたが

出来立てにこだわるのは「栗の風味」の為

「痛むわけではありませんが、この栗のクリーム、翌日は全く栗の香りがしませんのでね」

とのことでした

お店は30年になるそうです

30年間、変わらず美味しいお菓子を提供し続けているシェフ

お話もケーキと作るお姿も

「すごいなぁ~」という言葉しか出てこない

間近でシェフの手さばきを見ることができ

とても貴重な時間となりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です