小4男子の夏休み事情・・・・

この構図、、、なんか微笑ましい。

この構図、、、なんか微笑ましい。

8月に突入!夏休みも25%が過ぎましたね。

7月中は、3人それぞれが、夏季講習や学校のプール、小学校の2人の個人面談もあったりで、親子共々学校にいく日も多くてあまり夏休みな感じがしないまま過ぎていきました。

そろそろ、そしてやっとな感じで本格的な夏休みモードです。

昨年から8月は私も夏休み仕様ゆったりな仕事のペース。

(完全にお休みできないのはフリーランスの性ですね・・・はい。)

昨年、長男くんが予定より早く学童を辞めたので、小2男子を夏休み中1人でおいておくのも何かと心配なこともあり(本人的に一人は全く問題ないのですが・・・)8月は思いきってカフェ営業はお休みにして、平日のお料理教室もお休みに。週末のお料理教室と、撮影の仕事、自宅でできる仕事だけ、と決めて私もいつもよりゆったりペースの8月です。

今日は3本ほど原稿を書こうと、娘2人を送りだし、児童館に行った長男くんのお昼ご飯を用意してから、近くのカフェにPCと一緒にGO!

普段家に居られる時間が極端に少ないので、家にいるとついついたまった家事に目がいき、原稿を書くことに集中できないので、原稿は基本外で書くと決めています。最近は充電もWi-Fi完備のカフェが多くて有難い。

だから、うちにお店もそうしてますよ~~(と、軽く宣伝ね 笑)

せっかく、家に居れるのだから、子供と一緒にお昼ご飯を、、、と思うのは

こちらの都合です。

長男くんに、朝「お昼ごはんどうしようか?」と聞くと

「うーーーん、いらない」

「え、お腹空くよ、お昼ごろ帰っておいでよ」

「うーーーん、分かった。でも、好きな時に帰ってきていい??」

と。。。

こうなると、わが家の場合、約束はできない。

本人のタイムスケジュールで動くので、

「12時にお昼ご飯作って待ってるから、帰っておいで」

は、通用しないのです。そんなときは、本人にお任せします。

何か特別な用事や守らなきゃいけない時間があれば別ですが

遊びのペースもお友達とのやり取りも、本人の気分も、子供は子供なりの事情がある。

大人からすると、「おいおい、そりゃないよ」となるようなことも

一応は子供の中で辻褄があってたりする。

と、いうことで、今日はおにぎりと味噌玉を用意して私はカフェで仕事。

結果、12時過ぎに電話がかかってきて、

「ママ、冷凍庫のアイス食べていい?」と。

あら、今日はちゃんとお昼時に帰ってきたのね・・・でも、原稿書きペースが乗ってきてるから、まだ続けたいからすぐには帰りません。

「ごはん食べてからアイスどうぞ!」

「うんわかった~~」ほんとかな???ごはんを先に食べたかアイスを先に食べたかは定かではありません。いちいち確認もしませんし。

で、約1時間後、まだ家にいるかなぁ??と思いつつ帰宅したら、

写真の状況。

床に、残りのおにぎり1個、無糖炭酸を飲んだであろうグラスと500MLペットボトル。で、テレビのリモコン。

ササッとごはん食べて、アイス食べて、テレビを見て、速攻で児童館だか公園だかに向かったもようです。

1人でお昼ごはんを食べるのが、寂しいかなとか、心配だな、とか

一応私にもそうゆう気持ちが全くないわけではないのですが

こうゆう、彼の行動が見て取れる片づけないでそのままの状況を

見ると、思わず笑ってしまい、「あ、大丈夫なんだな」と思うのです。

自分のペースで自分で何とかやっていけるじゃん。って。

これがですね、もし自分が家にいてこの状況だと

「片づけなさい!」って怒るよね私。絶対に・・・

お互いの為に離れている時間て大事大事。笑

そして、その後帰宅するなり、ソファで私の横にべったりくっついてしばらく座っていましたが、心のチャージを終えたらしく、またすぐに自転車で出かけていきました。

子供ってこっちの思うようにはいかない。

だから、私も無理して彼らに合わせることはぜったいにしない、

いや出来ない。でもそれがかえって良かったりする。

と思いたい。

3人が大人になったら良かったのか良くなかったのかを聞いてみたいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です