【ブログ】 葛粉は家庭の薬箱

先日FBでアップしたところ、ここ数日の周りの反響が思った以上に大きかったので

詳細をご紹介しますね

我が家ではりんごのとろとろと呼ばれ、子供達にも大人気!

我が家ではりんごのとろとろと呼ばれ、子供達にも大人気!

りんごのとろとろ

本葛粉・・・・大さじ山もり1

(粒が大きいのですり切りは無理ですので山もりで)

100%ストレートのリンゴジュース・・・150cc

(香料、酸化防止剤、砂糖無添加のもの)

塩・・・ひとつまみ

小さなお鍋にりんごジュースと葛粉を入れて丁寧に溶きます。

粒粒が無くなったら塩をひとつまみを加えて中火にかける。

沸々としてきたら、弱火にして木べらで混ぜながらゆっくりと火を入れていく

部分的に透明になってきたら、手を休めずに(急いで混ぜる必要はなくゆっくりでいいですよ)

全体に透明感が出てきてとろりとしてから更に1~2分しっかりゆっくり混ぜながら練り練りしたら出来上がりです

*葛粉は必ず本葛粉を使って下さい。裏の原材料表示を見て、葛以外に、でんぷんなどが入っているものは効果無しに等しくなります。

*無添加のストレートリンゴジュースが入手できない時はリンゴ1個をすりおろして、水を適量(りんごの種類と大きさによって変わるので何とも表示がしずらく・・・)を加えて作ってみて下さい。

このりんごのとろとろは、子供達が熱を出した時に登場する我が家のお手当メニューです

食欲がなく、熱でぐったりしていても(我が家ではめったに無いことなのですが・・・)していてもこれなら口あたりも良く、ほんのり甘くて優しい味なのでのどを通るようです

本葛粉は胃腸の調子も調えるので、お腹の風邪にもバッチリです

ここ数日胃の調子が悪かった私はりんごジュースではなく、水と葛粉、塩のみで葛練りを作り、醤油を1~2滴たらして食べてましたが胃の調子もよくなり、体の中から温まるので薬いらず医者いらずですよ

本来、人間にも自然の動物同様に「自然治癒力」が備わっているのですが現代社会に生きていると、ストレスや情報過多やらでその能力が鈍ってしまってますね

自分も子供達もなるべく、自身の自然治癒力で体調を整えたいと思っているのでできる限りはこんな風に日々の食べ物とお手当と生活の仕方で何とかやっていきたいなぁ~と思うのです

1家に1箱(1袋)本葛粉!!です 笑

なので、うちの料理教室でもこんな風に無理なく毎日のごはん作りで体の基礎力アップ目指したレシピを取り入れてます

美味しくて体にいいのが一番ですね~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です