ブログが書けなかったワケは・・・

前回のブログの続き・・・

なぜ、ブログを書くことを躊躇していたか・・・

細々ですが、日々のこと、思ったこと感じたことなどを

あまり深く考えずとは言え、10年ほど前、東北沢のカフェをオープンする前からブログ書いてはいたのですが、

ここ1年ほど、急にブログを書くことに対して疑問が出てきた。

気軽に投稿できる、FBがあるのも理由の1つなのかもしれないけれど、でも、FBには長文投稿しないようにしているので、

ブログならではの内容や表現もある・・・

「あ、このこと書こう」「これ、今度書きたいな」とか思いつつ

そのまま手が止まっていたブログ。

お店の情報やイベント、教室の告知などは、告知して募集をかけてお申込みをしてもらいたいから、書ける。お客様、生徒さんに対してお伝えしたいこと、しなくてはならないことが明確だから書ける。

でも、そうゆう具体的な情報以外のことを私が書いて果たして

そのブログを読む人はいるのだろうか??

はたまた、そのブログを読んで、読んだ人はどう思う?

読んだ人の役に立つのだろうか・・・

とか、今まで全く疑問に思わなかったことをふと思った途端に

「これを書く意味があるのだろうか・・・」と手が止まってしまった。

仕事の為の思えば、書けるけど、じゃ、個人的なこと書いて仕事の為になるの??かな???

ということを、コンサルの時に話したら

「それって、恵子さんご自身のことばかりですよね。

ちがうの!!ブログはね、恵子さんの為、恵子さんの仕事の為に書くのではなく、例えば、お料理教室を探している人、ナチュラルなものが食べられるカフェを探している人が、それを見つけやすいようする為に書くのよ」

「んんんん・・・んっ?」

きちんと素材を選び、日々のごはん作りが楽になり、お料理することが楽しくなって、その上、体も心も整えて安定する。ナチュラルな暮らしを無理なく自然に続けていける。それがしたいけど、どうしたらいいかわからない人、沢山いるはず。

うんうん、いるいる。

うちの生徒さんに

何でうちの教室に興味を持ってくれたかを、聞くと

「おしゃれな料理を作りたくて」とか

「インスタ映えする料理作りたくて」とか

とは言わないな、、、、

あと、「ちゃんとマクロビやりたいです。波動の悪いもの食べたくないんです」とかも言わない(笑)

ふふ、このニュアンスわかる人にはわかるよね。

自分や家族の為に、体に良い美味しいごはんを無理しないで作れるようになりたかった。というコメントが一番多い。

体に優しい、安心して食べられる、罪悪感を持たずに食べられて美味しいスィーツを心地よい空間で味わいたい人、じっくり腰を据えて仕事や勉強ができるカフェを探している人、沢山いるよね~~~

あ、そうか!そんなお店、私が一番欲してます!!(笑)

だからね、そんなお客様が恵子さんと恵子さんのお教室やカフェを

見つけられるように、ブログを書いて露出をあげて、あなたの提供しているサービスや教室やカフェの特徴を伝えてあげる為にブログを書くのよ。と・・・・

はぁ。。。。そうかそうか。

自分でも、よくまぁ、このわかりにくいHPとイマイチ教室雰囲気が伝わりきってないこの感じで生徒さん来てくれたよね。と思わなくもなく。。。笑

「自分の為に書くブログ」ではなく、「お客様の為に書くブログ」

頭の中でこの矢印の向きが変わった途端に、

心の中にひっかかっていた、「独りよがりブログ&自己満足FB」の言葉がすっと無くなりました。

自撮りもなるべく避けていたけど、イメージ伝えやすいからするようにと。

私的なこともオフィシャルなことも

全部まるごと、お客様が、私と私の料理教室やお店を選ぶ時の

基準となるのだから、しっかり表現する必要があるということがわかりました。

ちょとこじれた、頭の中の回路が交通整理されて

何だか急に書くこと自体が楽しくなってきているから不思議です。

3人の個性的な子供たちも、現代人なのに武士修行に励む夫も

お店のスタッフのみんなも・・・

「自分のこと以外にも、書きたいこと、ネタは山ほどある。」

って、言ったら

「書く決意はあるのに書くこと無い人より、書くこと沢山あるのに

書いてない方がたち悪いからね」と言われたなぁ・・・

ほんと、そうだよね(笑)

ま、ともあれ、

ひっかるものがなくなり、あとは書く時間を作るだけ!

になったので、仕事のやり方時間の使い方、色々組み立て直しているところ。

来月はお店も夏休みを頂きますので

ゆっくりしながら、色々と考えてみたいと思ってます。

仕事のリサーチも兼ねて 長女とカフェでお茶しながら、勉強&仕事タイム

今日のブログは仕事のリサーチも兼ねて
長女とカフェでお茶をしながら書いてます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>